はじめてのTailwind CSS【初心者向けインストール方法Ver.3】

TailwindCSSをサクッと体験してみたい人

TailwindCSS使ってみたいけど、公式ドキュメント読むの面倒。
YouTube動画とかもあるけどバージョン2だし、最新のバージョン3で簡単に導入するにはどうすればいいの?

今回はこんな悩みに答えます。
とりあえず3分くらいでサクッと体験できるような内容です。

しんぺー

こんにちは。
フロントエンド・エンジニアしんぺーです。

TailwindCSSを触る機会があったので、インストール・導入方法を解説します。

最近人気のChatGPTにもTailwindCSS使われていますね。

作業環境

エディタはVisual Studio Code。
プラグインはTailwind CSS IntelliSenseをインストールしてください。
Tailwind CSSで使うClassNameを自動補完してくれます(これないと暗記になるのできついです)。

フォルダとファイル作成

下記のようにフォルダとファイルを作成してください。

test/
├ index.html/
├ input.css/
└ dist.css/

index.htmlに記述

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">

  <!-- CSSのリンクはdist.cssのみ -->
  <link rel="stylesheet" href="dist.css">
  <title>Document</title>
</head>

<body>
  <!-- 確認用にてきとうなTailwind CSSのClassNameをつけます -->
   <h1 class="text-7xl text-blue-900 bg-gray-200 p-10 m-10 w-fit">Hello TailwindCSS</h1>
</body>

</html>

input.cssに記述

@tailwind base;
@tailwind components;
@tailwind utilities;

dist.cssは空でOK

dist.cssはコンパイル後に自動で記述されるので、なにも書かなくてOKです。

ターミナルでごにょごにょします(設定ファイルとか色々自動生成します)

ターミナルでtestフォルダに移動します

ターミナルを開いたらcd (cd半角スペース)のあとに、test フォルダをドラッグ&ドロップしてEnter。

tailwindcssとautoprefixerをインストール

ターミナルで実行します。

npm install -D tailwindcss postcss autoprefixer
npx tailwindcss init

実行するとtestフォルダ内に、下記のフォルダやファイルが自動生成されます。

node_modules(フォルダ。なんかいっぱい入ってる)
package-lock.json
package.json
tailwind.config.js

tailwind.config.jsに記述

/** @type {import('tailwindcss').Config} */
module.exports = {
  content: ["./index.html"],
  purge: ["./index.html"],
  theme: {
    extend: {},
  },
  plugins: [],
}

※これを記述しないと、CSS効かないです。TailwindCSSの導入記事や動画はVerson.2が多くここの解説がないので、このあたりで詰まる方も多いのではないでしょうか。

post.config.js作成(設定用ファイル)

ターミナルで実行します。

npx tailwindcss init -p

testフォルダ内にpost.config.jsが作成されます。

CSSを反映させる

package.jsonに記述

{
  "devDependencies": {
    "autoprefixer": "^10.4.8",
    "cssnano": "^5.1.13",
    "postcss": "^8.4.16",
    "tailwindcss": "^3.1.8"
  },
  "scripts": {
    "dev": "tailwindcss -i input.css -o dist.css --watch"
  }
}

実行してdist.cssにコンパイル

ターミナルで実行します。

npm run dev

dist.cssに自動でスタイルが追加される(522行くらい)。
この段階でindex.htmlをプレビューするとTailwind.cssのスタイルが反映されているはずです。
保存するたびに反映されるようにwatchしているので、実行中の処理を停止させる場合はcontrol + Cで止めます。

終わりに

お疲れさまでした。
これでTailwindの導入は完了です。
チートシートなどを参照しながら遊んでみてください。

ちょっと内容が短かったので、おまけつけます。

おまけ

本番環境用にdist.cssを圧縮(minify)する

本番環境用にdist.cssをminifyする方法を解説します。

cssnanoインストール

ターミナルで実行します。

npm run devを実行中の場合は、control + Cで一旦処理を停止させてください。

npm i -D cssnano

package.jsoncssnanoが追加されます。

"devDependencies": {
    "autoprefixer": "^10.4.8",
    "cssnano": "^5.1.13",
    "postcss": "^8.4.16",
    "tailwindcss": "^3.1.8"
  }

package.jsonに追記します

下記のように追記します。

{
  "devDependencies": {
    "autoprefixer": "^10.4.8",
    "cssnano": "^5.1.13",
    "postcss": "^8.4.16",
    "tailwindcss": "^3.1.8"
  },
  "scripts": {
    "dev": "tailwindcss -i input.css -o dist.css --watch",
    "build": "NODE_ENV=production tailwindcss -i input.css -o dist.css --minify"
  }
}

post.config.jsに追記

module.exports = {
  plugins: {
    tailwindcss: {},
    autoprefixer: {},
    ...(process.env.NODE_ENV === 'production' ? { cssnano: {} } : {})
  },
}

npm run buildを実行

ターミナルでnpm run buildを実行すると、dist.cssがminifyされます。

最後に

解説は以上です。
最後までありがとうございました。

Tailwind CSS導入時にV2の記事が多く、ドキュメントは英語だったので時間がかかりました。この記事が少しでも誰かの助けになれば幸いです。